カープの2017ドラフト 1位中村はリーグ連覇が成せる強気の指名

早稲田実業・清宮の7球団での競合が話題となった2017年ドラフト会議。抽選の結果、日本ハムが交渉権を獲得し、その年の目玉がパ・リーグに持っていかれるという近年の傾向に沿う形となった。

我らがカープはというと、清宮と同じくドラフトの目玉である広陵・中村を1位指名し、中日との競合の末、緒方監督がくじを引き当て交渉権を獲得した。意中の選手を無事に射止めることができ、当初の思惑から大きく外れることはなかったが、今ドラフトの評価となれば別の話だ。

現状の戦力を把握し不足している部分を補うことが、ドラフト指名の意義であることは言うまでもない。将来性を見越した素材、即戦力になりうる選手など、現状のチームに必要な人材を考慮したうえで指名しなければならない。

今ドラフトでのカープの指名は、チーム状況に果たしてマッチしていたのだろうか。中村を含めた、カープの全指名選手を振り返ると共に、チームの現状と照らし合わせてみたいと思う。

スポンサーリンク

素材重視のドラフト

まずは、今ドラフトでのカープの指名選手を振り返りたいと思う。

1位は、前述の通り広陵高校の中村捕手。高卒野手、そして捕手という経験の必要なポジションからも、彼を即戦力として考えての指名でないことは明らかだ。2位以降の指名を見ても、大卒投手2名以外は皆高卒だ。

2名だけの指名に留まった大卒投手についても即戦力を求めた指名と言い難い。

3位指名のケムナ ブラッド 誠は、192cmの高身長の投手で素材としては面白いが、即戦力として活躍できると言えるほどの完成度はない。6位指名の平岡は最速152km/hの直球が武器で、リリーフとして1軍で登板する可能性はありそうだが、指名順位からしても過度の期待は禁物だろう。

全体を通して言えることは、今ドラフトにおけるカープの戦略は、即効性のある戦力補強というよりは、数年先の将来を見据えた人材確保という側面が強く感じられる。

■指名選手一覧

順位 氏 名 守備 投打 出身
1位 中村 奨成 捕手 右投右打 広陵高
2位 山口 翔 投手 右投右打 熊本工業高
3位 ケムナ ブラッド 誠 投手 右投右打 日本文理大学
4位 永井 敦士 外野手 右投右打 二松學舎大附属高
5位 遠藤 淳志 投手 右投右打 霞ヶ浦高
6位 平岡 敬人 投手 右投右打 中部学院大学

選手の年齢分布から見えてくる補強ポイント

カープ所属選手のポジション別の年齢分布表を見てほしい。この表を見ると、現状カープに足りない戦力が浮かび上がってくる。

■ポジション別年齢分布表

広島,カープ,所属選手,選手,年齢,分布,右,左,各ポジション

外野手補強は急務

一番目につくのは外野手だろう。鈴木誠也という絶対的な若手外野手はいるものの、19~22歳の外野手は0人と、若手外野手の人材不足は明らかだ。特に左バッターは、20代中盤まで含めても層が薄く補強が急務と言える。

将来性はあるが現有戦力皆無の左腕

そして、何と言ってもカープ最大の補強ポイントは「左投手」だと言えよう。

現状、1軍で戦力になっているのはジョンソン唯一人だけだ。今年に関して言えば、ジョンソンの次に登板が多かったのはリリーフの佐藤の8試合、イニング数で言えば、4月に故障で早々に離脱したルーキーの床田の17回 1/3ということになり、左腕不足は深刻な状況だ。

高橋 樹や高橋 昂、そして一昨年実績を残した戸田と言った若手の有望株はいるが、1軍の戦力として考えるには時期尚早だろう。

逆に捕手は人材過多

現在の1軍捕手を見ると、今シーズン正捕手へと成長した會澤は29歳と働き盛り、バックアップはベテランの石原、高卒7年目24歳の磯村と続く。石原は年齢的にも、これから長く活躍するとは言えないだろうが、当面の間は會澤と磯村で事足りるだろう。

また、2軍には23歳の船越や、高卒ルーキーながら非凡な打撃センスを見せ、首脳陣からの期待も高い坂倉が控えており、その顔触れは他球団からすればうらやむような選手が多く集まっている。期待通りの成長がみられるとは限らないが、現状では補強を急ぐ必要はないポジションだと言える。

スポンサーリンク

ドラフト総括

今年の指名はチグハグ?

前述した通り、現在のカープにおける明確な補強ポイントは、

1.若手外野手(特に左バッター)
2.即戦力左投手

と言うことになる。今ドラフトで合致するのは4位指名の永井だけだ。立命館・東やJR東日本・田嶋という即戦力になりうる左腕もいたが、カープは高卒捕手の中村を指名。しかし、カープにとって、現状では捕手というポジションは補強ポイントではない。

リーグ連覇が成せるドラフトと言える

もちろんドラフト候補選手や他球団の指名状況との兼ね合いもあるが、カープがここまで補強ポイントを重視せず、あくまで素材にこだわった指名ができた要因は、リーグを連覇したという事実があること他ならないだろう。

贔屓目抜きにしても、現在のカープの実力は他球団から頭一つ抜け出している。スタメンに名を連ねる野手陣のほとんどが20代と若く、西川を始めとした若手選手達もベンチに控えている。投手陣も同様に20代の選手が主力として活躍しており、今後数年の間に極端な戦力ダウンが起こりうる状況ではない。

最後に

ドラフト結果の善し悪しはすぐには見えてこない。特に今ドラフトにおいては長い目で見る必要がありそうだ。5年先の今頃、優勝の歓喜の輪に彼らが加わっていることを願うばかりだ。