【2017ドラフト会議】広陵・中村 2球団競合もカープが交渉権獲得

2017年のドラフト会議において、カープは広陵高校の中村奨成捕手を1位指名。中日も同じく中村を指名し2球団競合での抽選となったが、緒方監督が見事にくじを引き当て交渉権を獲得した。

[ad]
お互いにとって最高の結果だったと言えるのではないだろうか。

地元広島出身のスター候補生である中村は、球団、そしてファンが待ち望んだ選手であることは間違いない。走・攻・守三拍子揃ったキャッチャーという素材は、他球団を見渡しても例がない。甲子園での輝かしい成績は誰もが知るところで、全国的知名度も抜群だ。

当の中村も、カープが交渉権を獲得してくれてホッと一息といったところだろう。地元広島出身である中村は小さいころからカープファン。「できることならカープに入団したい。」といったコメントを以前残していたことからも、中村にとってカープが意中の球団であったことは火を見るより明らかだ。

とはいえ、鳴り物入りで入団した選手が必ずしも大成すると言えないのがプロの世界だ。中村には越えなければならない壁がいくつもある。高卒ルーキーながら2軍で3割近い打率を残した坂倉捕手は、その壁の一つと言えるだろう。非凡な打撃センスはもとより、守備面や走力面でも評価は高い。リーグ優勝決定後に1軍昇格したことからも首脳陣の期待の高さを感じさせる。夏の甲子園で一気に評価を上げた打撃力についても、その後の国際大会での不振から、木製バットへの対応を不安視する声もある。

前述の坂倉捕手をはじめ、カープの若手捕手陣は有望な人材も多く、中村がすんなりとポジションを与えられるような環境ではない。幸いにも3拍子揃っているため、球団の構想の中には、他のポジションへのコンバートも当然含まれていることだろう。一番はもちろん捕手でということがベストだろうが、どういう形であれ、中村がカープの顔、ミスター赤ヘルの後継者として大成してくれることを望むばかりだ。

石橋事件以来、地元出身高卒選手を頑なに指名してこなかったカープ。今回、それを覆してまで指名に至ったという事実は、球団の中村に対する評価がそれだけ高いという事の裏付けと言えよう。

どのような選手になってくれるのか、楽しみでしょうがない。