いつがいい!?六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)を意識した予定の組み方

私自身、独身の時にはそれほど意識していなかった『六曜』。

しかし、結婚、そして出産といったイベントを迎えるにあたって意識しなければならないケースもあります

スポンサーリンク

そもそも六曜って何ぞや?

六曜というフレーズを耳にしても、それが何のことなのかピンとこない方も少なくないのではないでしょうか。

例に漏れず、私も「六曜?何それおいしいの?」くらいの認識でした。

そんな私でも「大安」や「仏滅」と言ったフレーズであれば、漠然とでも良い日、悪い日くらいの判別はできます。

カレンダーなんかに書いてあるアレです、誰しも一度は見た事あると思います。

アレの総称を『六曜』と言います。

六曜は6つの曜日で構成される

もう少し詳しく書くと、六曜とは暦の1つで、大安、赤口、友引、先負、仏滅という6つの曜日で構成されています

1週間を日~土曜日の7つで構成するのと同じ要領です。

余談ですが、1週間を1セットとした、私たちに馴染のある暦のことは、7つの曜日で構成されていることから七曜とも呼ばれます。

各六曜の説明

では、具体的に各六曜についてご紹介していきたいと思います。

曜日ごとの善し悪しはもちろんの事、時間帯によって吉凶が変化するものもあるので、そのあたりもしっかりと押さえておきたいところです

大安

読み

たいあん、だいあん

意味

「大いに安し」。何をしても成功するとされる日で、六曜の中で最も良い日となっています。

時間別吉凶

終日大吉

赤口

読み

しゃっく、じゃっく、しゃっこう、じゃっこう、せきぐち

意味

陰陽道における赤舌日を由来とし、赤舌日は羅刹神が支配する日のため不吉な曜日とされています。

・・・

よく分からないと思いますが私も詳しくは分かっていません。

とにかく不吉なので、何かをするには避けたい曜日ということです。

時間別吉凶

基本的に凶

ただし、午前11時から午後1時の間はかろうじて吉

先勝

読み

せんしょう、さきかち、さきがち

意味

「先んずれば即ち勝つ」。急げば急ぐほど良いという意味で、午前中は吉とされています。

時間別吉凶

午前中は吉、午後から凶。

ただし、午後にかかるものも午前中から始めていれば吉

友引

読み

ともびき

意味

凶事に友を引くという意味があります。

いかにも不吉な雰囲気が漂っていますが、友引は、大安に続く吉日と言われています。

ただし、「友を轢く(引く)」という言葉を連想させることから、友引の日に車の納車や葬儀を避ける方も多いみたいです。

時間別吉凶

朝は吉、昼は凶、夕方は大吉

先負

読み

せんぶ、せんぷ、さきまけ

意味

「先んずれば即ち負ける」

先勝とは逆で、決して急ぐことなく、ゆっくりと物事を進めた方がよい日。

午後からは運気が好転するので、予定を組むならば午後からにした方がよいです。

時間別吉凶

午前中は凶、午後から吉

仏滅

読み

ぶつめつ

意味

誰もがご存知かもしれませんが、仏も滅するほどの大凶日。

とにかく縁起の悪い日とされるので、この日を避けて予定を組むべきと言われています。

時間別吉凶

終日大凶

仏滅だっておかまいなし!?六曜に対する解釈は様々

散々説明をしておきながらちゃぶ台を返すようですが、六曜自体に吉凶を左右する根拠はないという考え方もあります

6つの曜日を機械的に並べているだけとも取れるので、言われてみれば納得もできます。

同じシステムである七曜で、この曜日はいい日だとか悪い日だとか、そんな事を言っている人はいませんし。

六曜を気にしないことがメリットになるケースも!?

またまたちゃぶ台を返してしまいますが、六曜を気にしないことで得することもあるんです。

詳しい内容については、別の機会にご紹介できればと思っています。

それでも六曜を覚えておいて損はない

いかがだったでしょうか。

六曜は昔から日本に根付いているものです。

特にご年配の方などは、六曜を気される方が多いのも事実。

自分達だけで完結することであれば、個人的な考え方に則って決めてしまっても問題ないでしょう。

ただ、結婚式やお宮参りなど、親御さんやご親族が関わるような行事の場合、一定の配慮をするべきなのかもしれません。

ですので、自分は六曜興味なし!、と言う方であっても、頭の片隅に置いておくに越したことはないと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする